バイフェイジック定電流刺激装置
DS5

Digitimer Ltd.製(イギリス)
Digitimer DS5

Qtrac Systemで使用する刺激装置で外部からのアナログ電圧波形によって絶縁されたバイフェージック定電流刺激を行う装置です。 入力電圧範囲に応じて3つの出力電流(±10mA、±25mA、±50mA)を発生します。

カタログ


QtrackSystemSoftware

1988 年にロンドン大学Bostock 先生によって開発されたThreshold electorotonus(閾値電気緊張)法を用いて、神経軸索の電気的な性質を非侵襲的に測定できます。従って、従来の神経伝導検査法を補完し、特に末梢神経の病態を知るための有効なソフトウェアです。

カタログ


Digitimer DG2A

DS3,DS4,DS2A-MkⅡ,DS7A,DS7AH刺激装置と組み合わせて使用するタイミング発生装置です。連続刺激用パルス信号の他に2つ目の遅延パルスを発生することができます。

カタログ


バイフェイジック定電流刺激装置
DS4

Digitimer Ltd.製(イギリス)
Digitimer DS4

DS4は、外部からのアナログ電圧波形によって絶縁されたバイフェイジック定電流刺激を行う装置です。入力電圧範囲に応じて4つの出力範囲(±10μA,±100μA,±1mAそして±10mA)を発生します。 また、GATEインプットを用いることにより、数台のDS4を単一のアナログ波形により個別制御することが可能です。

カタログ


定電圧刺激装置
DS2A-MkⅡ

Digitimer Ltd.製(イギリス)
Digitimer DS2A-MkⅡ

内蔵バッテリを用いてパルス持続時間および刺激電圧を制御可能な精密な定電圧刺激装装置(最大100V)です。
小さな試料や細胞における電気生理学記録に有用です。

カタログ


定電流刺激装置
DS3

Digitimer Ltd.製(イギリス)
Digitimer DS3

DS3は、内蔵バッテリを用いてパルス持続時間と刺激電流を制御可能な精密な定電流刺激(最大32mA)装置です。刺激間に細胞に帯電された電位を放電するクランプ回路により、電荷が試料上に蓄積することを防止します。その他の定電流機器では、この電荷蓄積が刺激の損失に繋がる可能性があります。

カタログ


定電流刺激装置
DS7A・DS7AH

Digitimer Ltd.製(イギリス)
Digitimer DS7

DS7Aは、神経及び筋組織の電気刺激を行う最大100mAの定電流高電圧刺激装置です。
出力電流は、0~100mAの範囲で連続可変可能です。
DS7AHは、最大パルス持続時間200μsで最大1Aの定電流刺激装置です。 深い末梢神経、または大きな面積の電極を用いる刺激に適します。
AC100V電源で動作します。

カタログ