脳波解析

のるぷろライトシステムズ社製


●マッピング再生解析機能プログラム

Mapping Play Analysis

PSGフォーマットで記録保存されたデータを読み出し、オフラインで周波数解析を行い、帯域ごとの電位分布表示(Map表示・Topography表示)を行います。



●脳波CDM解析プログラム

EEG CDM Analysis (基本)
DSA追加オプション
MAP追加オプション

多チャネル脳波のCD法を用いた高い周波数分解能と時間分解能の時間周波数解析が可能です。オプション機能の追加により、DSA表示、マッピング表示が可能になり、指定区間内のスペクトル表示や指定周波数の振幅トレンドが可能です。時間周波数解析の新しいツールで、ERD解析やHFO(High Frequency Oscilation)解析などに有用です。



■ ネット環境によっては多少時間がかかる場合があります。ご容赦下さい。
■ 大きく見たいときは右から2つ目のボタンを押してください。



●脳波CDM DSAリアルタイム解析モニタ

ポリメイト用CDM DSAリアルタイム解析モニタです。 従来バッチ処理でしか出来なかった解析を、リアルタイムに実現します。 標準は4チャネルまで、CD法によるDSA表示を0.1秒分解能で解析・表示します。 スムーズにDSAをスクロールすることが可能です。 DSAから8帯域の瞬時振幅平均を帯域値としてトレンド表示します(パワー値ではありません)。 オプションで、16ch拡張、トリガ同期等の機能を追加できます。



■ ネット環境によっては多少時間がかかる場合があります。ご容赦下さい。
■ 大きく見たいときは右から2つ目のボタンを押してください。



●EEG CDM Analysis オプションプログラム

GRID-CDM マッピング