ロボット技術を応用したニューロリハビリテーション

KINARM は、神経科学者によって開発された、ロボット工学に基づいた人及び人以外の霊長類における感覚・運動・認知能力を研究する装置です。
複雑な機械的及び視覚的世界を作り出し、脳疾患及び身体障害による感覚・運動・認知機能を定量的に評価・研究することができ、新たなニューロリハビリテーション分野の研究機器として期待されています。


  • カナダQueen's大学のStephan H. Scott博士はロボット技術を用いて、サルの神経活動と肩、肘の動きを定量的に解析した1,2,3,4
  • 視覚誘導到達課題を用いるロボット工学技術は、標準の臨床評価尺度よりも脳卒中後の患者の感覚運動障害についてより大きな感度で信頼できる情報を提供できる5
  • KINARMのスタンダードテストを用いることにより、脳卒中患者の動作異常を定量的に検出できる可能性がある5
  • KINARMのVisually Guided Reachingタスクは、脳卒中患者の姿勢制御、視覚反応時間及びフィードフォワードとフィードバック制御に関連した異常を定量的に分類することができた6
  • ロボット技術は、脳卒中患者の空間認知機能を定量的に評価できる方法として応用ができる7

引用文献

  1. Scott (1999). Apparatus for measuring and perturbing shoulder and elbow joint positions and torques during reaching; Journal of Neuroscience Methods 89 (1999) 119-127.
  2. Scott (2001). Dissociation between hand motion and population vectors from neural activity in motor cortex; NATURE VOL 413 13 September (2001)
  3. Scott (2001). Vision_to_action_new_insights from a flip of the wrist; Nature Neuroscience Volume 4 No. 10 October (2001)
  4. Scott (2006). Converting thoughts into action; NATURE Vol.442 13 July (2006)
  5. Stephen H. Scott, et al; Potential of robots as next-generation technology for clinical assessment of neurological disorders and upper-limb therapy; Journal of Rehabilitation Research & Development(JRRD) Volume 48, Number 4, 2011
  6. Angela M. Coderre, et-al; Assessment of Upper-Limb Sensorimotor Function of Subacute Stroke Patients Using Visually Guided Reaching, Neurorehabilitation and Neural Repair 24(6) 528–541 2010,
  7. Sean P. Dukelow, et al; Quantitative Assessment of Limb Position Sense Following Stroke, Neurorehabil Neural Repair, September 30, 2009.